nwEmpGaQ_400x400

香西咲、かねてより闘争を続けてきた元所属事務所・アットハニーズ時代の

14年6月以来、孤独な戦いを強いられてきた香西は、先日の自称第三者委員会の提言による5年ルール(実質的には、発売後5年立たないと削除させないとするもの)について、メーカーに問い合わせたようである。




その過程で、引退が決まったと報告し、裁判準備を明言した。


アイポケ専属時は、アットハニーズ所属であり、事務所が勝手に契約して控えももらわなかったという。




このツイートと前後して、DMMの長期メンテが入ったが、メンテ後、香西の
・MUTEKI
・エスワン
・アイポケ
の出演作(オムニバス含む)が削除されたことが判明した。

参考(表がわかりやすい)
あの現役女優の作品が半分消える – AV女優2chまとめ


14年6月の決別以前の作品が削除されたことになる。
この削除の経緯は不明だが、香西のツイートから
推察するに、話し合いでDMMが自主的に消したのだろうと思われる。
なお、エスワンからもアイポケからも香西のページは削除されていた。


この話題が周知された頃、香西はツイートにて重要発言をした。

あまり表立っていませんが、
この期間私を所属させ性接待等を強要していた事務所の社長とマネージャーは略式起訴されているので立派な犯罪集団です。WILLさん、DMMさんも犯罪作品として切離して考えて下さりありがとうございます。 
 

アットハニーズ青木亮が略式起訴されたという情報はこれまで入手できていなかった。
おそらくこのツイートが初のソースとなるのであろう。
罪名は不明だ。
 


3年以上の月日が流れ、香西さんは孤独な戦いをしてきたわけだが、
非常に大きな一歩を踏み出したと言えるだろう。
これからが本番ということで、まだまだ先は長いと思うが、
5年ルールに縛られない削除の明確な例となったことは、
一つの希望と言えるのではないだろうか。 

 
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin