5127XGQG2BL
1億円違約金とSOD社員監督・新保の恫喝で
ほしのあすかをAV出演強要したSOD、
DMMの全削除にもかかわらず公式ページで
販売継続していたが、ようやく削除した模様
*ツイッターで情報提供いただきました。

経緯
7月、文春の報道で、ほしのあすかさんと思われる女性が違約金1億円と監督の恫喝により
AV出演強要されたと報じられた。
ほしのあすかはSODデビューであり、当然SODに責任がある。

この文春報道について、SOD取締役・溜池ゴロー(現在、瀧本梨絵さんという女性にハメ撮り強要したと告発されている)の妻、川奈まり子(現・AVAN代表)は、SOD社長・野本義晃に声明を出すよう進言したと証言している。
つまり、
7月の段階でSOD社長と溜池ゴロー取締役、AVAN川奈まり子はほしのあすかのAV出演強要事件を認識していたわけである!!!
さもクリーンぶっておいて、結局何もしなかったことを絶対に忘れてはならない!!!

ほしのは11月になり、ブログで出演強要を告発。

そして1/24、DMM・アマゾン・エスワン(ほしのあすかはSODデビュー後、エスワンに移籍した)で
ほしのの作品が全削除された。

しかしながら、問題のSODは削除を装い、実際には消していなかった。

そのSODが2/1(正確な日時は明確ではない)ごろ、ようやく削除。

あまりにも長かった。
SODはしっかりとした説明、謝罪を行い、
法的・道義的責任を果たしてほしい。
またアットハニーズ青木亮はいまだ野放しで、
三上悠亜らを手がけ、AVAN川奈まり子を含め、業界人は見て見ぬふりである。
一刻も早い摘発を強く求めたい。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin